オーストラリアで1年夏休みを過ごすんだ!

      2017/09/17

きっかけは大学の頃に短期バイトで出会った契約社員さん。

冬は北海道にきて働きながらスノーボード三昧。

日本が夏になるとニュージーランドに行って、またボード三昧。

1年中好きなことをやって暮らしている人だったの。

そんな暮らしもいいなー。ワーホリ行ってみたいな…。

 

そんなことを漠然と思ったまま大学を卒業して、就職して、

…そして疲れ切って、またワーホリに思いを馳せ始めた。笑

 

不思議と国はオーストラリア、都市はパースってすぐ決まった。

1年間思いっきり遊んで、日本に帰ったらちゃんと働こう!

そう、私のワーホリのテーマは『人生の夏休み』

 

そのためにするのは、情報収集と諸々の手続き。

パンフレットとか資料請求して、

大手ラ○トリ○ートとか、ひっきりなしにかかってくる電話にうんざりして、笑

説明会にも参加して、自力で行く方法も考えたけど、

無料エージェントなら使ってもいいかなって思って、

 

AIC

ここは、唯一タイミングがあって説明会に参加できたところなんだ。

 

仕事が忙しかったのもあり

お勧めされるままに学校とホームステイを申し込み、

VISA取得マニュアルみたいなものを見てVISAの申請をした。

そして航空券を予約してすべてが整っても全く実感がなかった。

 

追われるまま仕事して、退職して…。

スーツケースに一杯荷物を詰め込んで、

あれよ、あれよという間に飛行機に乗って、オーストラリアに着いた。

 

物価の高さには驚いたけど、何でも揃ってた。

心配のあまりに沢山持ってきたけど、

そうだよ。オーストラリアにも人は住んでるんだよ!笑

 

パースの街の中心からちょっと歩けば大きな公園があって、

市内から無料のバスに乗って行けるキングスパークは憩いの場。

ホームステイ先からちょっと歩けばビーチにも行けた。

南十字星も見れた。

 

これは文化なのか、ただだらしないだけなのか…って思うことは沢山あったけど、

 

おおらかで、きさくな人が多かったよ。

 

次からは、語学学校の様子やシェアハウス探し、

病院に行ったこと、オーストラリア1周した話とか

ファームで働いたこと、ちょろっと恋愛の話や

バックパッカーで暮らした事、住み込みで働いたり、ローカルジョブをゲットした話を書いていくよ!

 

 


にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング

 - オーストラリア , , ,