オーストラリア ワーキングホリデー準備

   

仕事をしながらの準備って、本当に大変なんです。
ワーホリのためにお金を貯めて、クタクタになって帰ってきて…

でも、楽しみにしてるワーホリの為にいろいろ調べて準備して。

なので、学校で習った程度の英語力と4ヵ国しか渡航歴がなかった私がした準備と、

ワーホリや世界一周などなど、英語力と経験値がUPした今の私が必要だと思う準備を書いていきます!

①VISA申請
こちらのサイトでアカウントを作っての申請になります。
詳細はこのページとか詳しく書いてくれている人がいるので省略しますね。
《注意点》
パスポートの有効期限は滞在予定期間をカバーしているものを用意して下さい。
健康診断が必要になることがあります。時間には余裕をもって申請してください。VISA発行から1年有効です。
有効期限内に入国したら、そこから1年間滞在できます。

 

②海外旅行保険の加入
ワーホリに限らず、世界一周でも海外旅行保険に加入してない人がいます。
私も帰国がずれて無保険の期間があったこともありますが…、必ず加入して下さい。
ここ数年で保険料がバカみたいに上がっています。
でも、海外での医療費もバカみたいに高いです。
自分は病気にならないと思っていますか?
渡豪中に癌を発症した人を知っています。20代です。
病気にはならなくても交通事故にあうかもしれません。
海外旅行保険でカバーされるのは医療費だけではないということも覚えておいてください。

③航空券の手配
これがないと始まりませんね!

④語学学校の手配 (私は3カ月語学学校に行きました。でも次は行かないでしょう)
語学学校は友達作りには良い場所です。でも、一般英語のクラスで英語力が伸びると思わないで下さい。
英語力を伸ばしたかったら、試験対策コースを受けるか、英語のできる人達と積極的に関わりましょう。
教会で無料で英語レッスンをやっていたりもします。
オーストラリアにいるんです。英語を学ぶ方法はいくらでもあります。

⑤宿泊先の手配
ホームステイ、シェアハウス、ホステルが主な選択肢でしょう。

ホームステイはエージェントや学校が紹介してくれます。
もちろん手数料はかかるし、1番お金もかかる選択肢です。
当たり外れもあります。私は苦手だったけど、良い経験だったと思っています。

シェアハウスは現地に行かないと見つけるのは難しいと思います。
ただ、1番安価で気楽。みんな最終的にはシェアハウスを見つけてましたね。

ホステルはとっても便利です。1泊だけでもいいし、長期で滞在してる人も中にはいました。
シティセンターにあって便利、色んな国籍の人と出会えてとっても楽しかったです。
シェアハウスを見つけるまでの繋ぎに使う人も多いですよ。

私はホームステイからのシェアハウス、ホステル、シェアハウスみたいな感じでした。

今ワーホリに行くならシェアハウスを見つけるまでの間、ホステルに泊まると思います。

⑥クレジットカードや国際キャッシュカードの準備

海外でお金を引き出すには、どうしたら良いか。
現金でもっていって両替もありでしょう。
クレジットカードの海外キャッシング機能が使える状態になっているか確認してください。
仕事を辞める前に必ず。あとは、新生銀行などの国際キャッシュカードでも何でもいいので
海外でATMからお金を引き出す方法を確保しておくのです。
海外キャッシングでも繰り上げ返済をすれば手数料は両替をするより安く済みます。

日本で使っている口座にネットバンキングがあるなら海外からでも利用できるようにしとくと便利です。

⑦荷物の準備
オーストラリアにも人は住んでいます。笑
先進国ですし、大体のものは手に入ります。ただ、想像以上に物価は高いでしょう。

常備薬がある人は持っていきましょう。
敏感肌の人は基礎化粧品も持って行った方が良いでしょう。
地域によりますが、パースはすごく乾燥しています。
あと、オーストラリアにも冬はあります。雪の積もる山だってあるんです。ちょっとした防寒着をお忘れなく。

※女性の方にいいますね。生理用品のクオリティは日本が最高です。ぶっちぎりで1番。
タンポン派の人は特に日本から持っていくことをお勧めします。

 


にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング

 - オーストラリア , ,